「DALL-E3 」を使って、大人用写真集を作ってみたら

今までAI画像の生成をミッドジャーニー(Midjourney)でやっていました。

しかし、「DALL-E3 」が良さそうなので、思い切って変えてみました。

DALL-E3(ダリスリー)は、2023年9月21日にOpenAI社から発表された画像生成AIです。

特徴は「自然言語で画像を生成できること」。

会話形式で画像を生成できるのは、DALL-E3にしかない機能かと思います。


もう少しうつむき加減にしてください」とか、「服の色を青に変えてください」など、生成した画像に対しても修正依頼ができるのです。

しかも日本語で。


Midjourneyは全て英語で画像を指示しましたから、1回言語変換ソフトの経由が必要です。

それを思いますと、かなり使いやすい印象です。

しかも、画風のスタイルを色々選べるので、内容にふさわしい画風で作成できます。

もちろんMidjourneyの細やかさなど、捨てがたい部分はありますが、先を考えDALL-E3を使ってみることにしました。


今までと違うことをしたいと思い、大人向けのAI写真集を作りました。

ジャンルが違うので、ペンネームも「どらじぃじぃ」から「かぜまかせ」に変更です。

キンドルでは3つ迄ペンネームを持つことができるので、利用しました。



こちらが、作品です。

くちもと美人1.jpg



キンドルでの内容紹介は、

口元に思わず見とれた経験はありませんか?
すました口元、おいしそうに何かを食べたり飲んだりする口元、微笑んだ口元、笑った口元。
私が「スキ」な口元を、AIフォトにして眺めています。
あなたの「スキ」は、どのタイプですか?

としてみました。

大人向けとはいっても、アダルトではなく、ちょっとしたしぐさを切り取ってみたのです。

このような感じです。

くちもと美人2.jpg

キンドルでのジャンルは「アート」です。


金土日と無料配布キャンペーンを入れましたが、それを待たずにアンリミテッド会員が無料で読んでくれました。

子供用絵本とはまた違った動きがあって、これはこれで楽しみです。




この記事へのコメント